受験と偏差値

受験とは切っても切り離せないのが偏差値です。
志望校が自分の成績に合っているのか、合格出来る可能性はどれくらいあるのか考える上で欠かせない数字です。
テストの点数だけでは単純に受験生全体の中でも自分のレベルを比べることが出来ません。

例えばテストで80点取り、次のテストで85点取ったとします。
単純に点数を見ればテストの点数は上がっていますが、かならずしも学力が上がっているとはいえません。
その理由は問題のレベルは毎回一定ではないからです。
個人の点数と共に平均点を見ればその意味が分かります。
一回目のテストの平均点が70点、二回目が90点だったとするとどうでしょうか。
一回目のテストは全体より良い成績で、二回目は全体より低く、周りの受験生から取り残されている状態です。
このことから、テストの点数だけをみて受験生全体の中で自分のレベルが上がっているかをみることは出来ません。

また同じ学校を受験するのは他校の生徒もいるわけで、その人たちとテストの順位を比較しようとすると、そのたびに志望者全員と点数を比べなくてはいけません。
実質不可能です。
そこで役に立つのが偏差値です。
偏差値は一定の規則から導き出された数値です。
この偏差値によって受験生の中の自分の成績を把握しやすくなり、志望校選びや受験勉強に大いに役立ってきます。
当サイトでは偏差値についてなるべくわかりやすく紹介していきます。
受験生の参考になれば幸いです。



▽PICK UP
受験指導や留学事業などを行っている学習塾、湘南ゼミナールのtwitterアカウントになります ―> 湘南ゼミナール twitterアカウント

Copyright © 2014 受験と偏差値の関係は? All Rights Reserved.